パフェ評論家 斧屋さんと【いちご×パフェ 勉強会】くるみパフェ&苺スイーツ

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

パフェ評論家の斧屋さんと、パフェやいちごスイーツを食べながら勉強会を行いました!斧屋さんとは、ちょうど2年前に私が監修した「なぞパフェ」の試食に御招きしたことがきっかけで交流がスタート。今回は、西国分寺にある「クルミドコーヒー(KURUMED COFFEE)」と、ひばりヶ丘の「コンマコーヒー(COMMA,COFFEE)」で、パフェやいちごスイーツを食べながら、スイーツについてを語り、斧屋先生からさまざまなことを学びました!

 

クルミドコーヒー「くるみパフェと生くるみと珈琲のセット」

斧屋さんと1軒目に訪れたのは、西国分寺にある「クルミドコーヒー(KURUMED COFFEE)」。

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

森のカフェのような外観に心惹かれ、何度来店しても必ず店頭で何枚も写真撮影してしまいます。

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

今回のお目当てのメニューは、春にたった3週間のみ提供される「くるみパフェ」。今年は17日まで販売されるそうです。

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

2人とも、珈琲がセットになる「くるみパフェと生くるみと珈琲のセット」をオーダー。私はデカフェをチョイスしましたが、アイスコーヒー等も選べます。

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

くるみパフェは単品の場合、サイズが2つから選べます。実は、その名称がステキ!大きい1200円のものが「小さかったキミに。」、小サイズは「小さなキミのための小さなサイズ。」800円。

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

今年は、生くるみをトッピングすることも可能です!

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

トップのほうには、くるみのタフィ、ミルクアイス、くるみミルクのアイス。

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

そして、くるみのはちみつ漬け!口の中にサクサクっという音が響きます。

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

グラスの中には、シャンティ・キャラメルソース・ケーキラスク・キャラメルくるみパフ・クランベリーにプルーンなどが入っており、さまざまな食感と香りが楽しめるパフェ。

 

中でも、ノッチェロオレプリンのぷるっとした口当たりが記憶に残りました。その下には、珈琲ゼリー、深煎り珈琲と続き、底のほうへ向かうほどコーヒーの香ばしい匂いと程よい酸味の存在感が強くなっていきます。

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

そして、こちらが生くるみ。半分にカットされたものが運ばれ、剥き方を丁寧に説明してくださいました。

 

ちなみに、くるみの隣にいるリスは、会計の時に持っていく伝票のかわりになっているもの。とっても可愛いので、スイーツなどのそばに添えて撮影するのがオススメ!

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

くるみのまわりにある薄い皮は、なかなか苦味があるので、じっくり丁寧に残さず取り除くのがポイント!普段食べ慣れているくるみとは全く食感が異なるので、生くるみを食べたことがない方はぜひ体験してみてほしいです。

 

コンマコーヒー「いちごのリゾット」「いちごのタルト」

2軒目は、ひばりヶ丘にある「コンマコーヒー(COMMA,COFFEE)」。ひばりヶ丘の駅から20分ほど歩きました。とても人気のあるお店なので、到着してから10分ほど、席が空くのを待ちました。

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ
いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

コンマコーヒーには、いちごメニューがたくさんあるのですが、いちごのパフェといちごのタルトは、3つの品種から好きな種類のいちごを選ぶことができるのが魅力!

 

私のおすすめは、香りに特徴がある「かおりの」。都内のスーパー等ではあまり手に入らない品種なので、未体験の人には特におすすめしたい品種です。

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

いちごのメニューは、パフェやタルト以外に、いちごのロールケーキや苺のリゾットも!

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ
いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

他にも色々なスイーツが揃っており、プリンやあんバターサンドが気になりました。そうそう、クッキーシューは、帰る頃には残り1つになっていました。

 

コンマコーヒーは、店内に入ってすぐにスイーツが並んだカウンターとレジがあり、先に注文と会計を済ませてからイートインスペースに案内されます。

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ
いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

テーブル席のあるエリアへ入ると、セルフサービスのお水がすぐ目に入ります。レモン入りのものと、オレンジ入りのウォーターを飲み比べできますよ!

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ
いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ
いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

私は、コンマコーヒーでまだ体験したことのないメニューを食べてみようと、苺のリゾットをオーダー。いちごは、表面にトッピングされているだけでなく、リゾットの中にも入っており、果肉の酸味がクリーミーなリゾットの良いアクセントになっていました。

 

ちなみに、斧屋さんは季節のフルーツサラダをオーダーされていたのですが、そこにもいちごがたっぷり!しかもピンク色のドレッシングがかかっていて、とってもキュートでした!

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

しばらく食べすすめていると、皿にいちごが描かれているのを発見!

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

完食すると、このように美しいいちごの絵に出会うことができます。食べ終わるのが楽しみになる嬉しい仕掛け。

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

 

リゾットのあとは、デザートタイム!私は自家製いちごミルクと、いちごのタルトをオーダー。斧屋さんは、いちごのパフェ。

 

コンマコーヒー のいちごのパフェについては、以前に実食レポートを綴っているので、下記の記事もぜひ参考に!

ひばりが丘のコンマコーヒーでいちごのパフェとカステラパンケーキ!ぐりとぐらのふわふわパンケーキが大人気!

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

いちごミルクはなかなか濃厚で、まるごと1粒のいちごが添えられているほか、グラスの中にも果肉がゴロゴロ!

 

いちご パフェ評論家 斧屋 くるみパフェ

 

いちごのタルトは、かおりのを使用したバージョンを選びました!タルトのお皿にもいちごが描かれていてテンションアップ!タルト生地は、かためのタイプで、いちごの下にはカスタード。

 

いちごスイーツを食べながら、スイーツやパフェについてを語り合い、斧屋さんからはだいぶ言葉による表現力についてを学ばせていたまきました!いつか、斧屋さんといちごのイベントを行えたら面白そうです!今回の勉強会で得たものを大切にして、今後も精進します!

 

いちご好きの方は、全国のいちごビュッフェ&アフタヌーンティーの特集も参考に↓

【いちごビュッフェ特集 2019】かわいい苺スイーツを食べ放題!全国のイチゴアフタヌーンティー情報も!

 

Instagramでは毎日いちごテロ中!

Instagram

Facebookではイチゴ&グルメの執筆報告!

Twitterもfollow me!

案内図 クルミドコーヒー


店名 クルミドコーヒー
公式HP http://kurumed.jp
住所 東京都国分寺市泉町3-37-34 マージュ西国分寺1F
営業時間 10:30-22:30(LO 22:00)
定休日 木曜日

 

案内図 COMMA,COFFEE(コンマ,コーヒー)


店名 COMMA,COFFEE(コンマ,コーヒー)
公式HP http://www.commacoffee.jp/
住所 東京都西東京市ひばりが丘3-4-47 HIBARI TERRACE 118内
営業時間 9:00 〜 19:00
定休日 火曜日